2012年12月1日、2日、日本科学未来館で行われた
Maker Faire Tokyo 2012
に出展&ワークショップ(&プレゼン)してまいりました。

今回はワークショップ漬けの2日間で、他の展示がほとんど見られず。。いや、クラタスだけは見ました。
当日の写真おいておきます。

image
準備後の展示ブースです。自分は近くにいながらほとんどいませんでした。qreaさんにお手伝いしていただいて、ブースに入ってもらってました。
IMG_5365
岩崎さんのアニオマジックブース。
IMG_5366
IMG_5368
のそ子さんのブース。虫!虫が!リアルで直視できない!
IMG_5373
コバさんの作品。服のタグがはみ出てるように見えるバッジ。洗濯のマークじゃなくてfacebookやってますよ的なアピールになってる。
IMG_5371
クラタス。個人的には駆動輪が好き。これは油圧なの?チューブ細かったのはブレーキか何かかな。

IMG_5370
森さんにテクノロジー的な何かを埋め込んでる

IMG_5374
IMG_5375
1日目のワークショップはもふもふiPhone毛ースでした。iPhone毛ースづくりは3時間~4時間かかるんで、1日目他の展示見られなくなっちゃうんですよね。それでも来てくれたみなさん、このワークショップ目的だったらしいです。ありがたい。
IMG_5377
となりのみうさんのおにんぎょうづくりワークショップ。
IMG_5379
気球が203gowさんに編まれて会場中をとんでました
IMG_5382
写真 (3)
IMG_5387
IMG_5390
iPhone毛ースできました。集合写真。とったどー。

IMG_5391
IMG_5392
2日目はてれねこワークショップです。基板のリフローからやります。

IMG_5394
できたてれねこはてれねこツリーに飾って撮影してもらいました。

IMG_5395
IMG_5397
IMG_5401

てれねこはひっきりなしに参加希望者がきてくれて、18名くらいかな?ワークショップ参加してくださいました。MakeOgakiMeetingのときと同じ随時参加と考えてましたが、結局時間を区切らないとまわせなくなり、14時の回、16時の回は予約とさせてもらいました。興味を持ってもらったのに時間的に難しいとのことで参加できなかった方もいたんで、てれねこ完成品やキットの販売もあったほうがよかったですね。(個人的には完成品よりワークショップ参加してもらったほうがうれしいですけど)

てれねこは女性やお子さんの参加が多いところにまさかのリフローという異文化を体験させるワークショップなので、次回からは実際のハンダペースト印刷やマウント、リフローの動画を使って、あなたのもってる携帯・スマホも同じようにつくってますよって説明したいです。

それから、2日目は3Fで20分間のプレゼンテーションをしてきました。
発表者のラインナップ見て、この並びのなかで見劣りしないか?ともおもいつつ、いままでやってきたこと、これからやりたいことの簡単なまとめを発表しました。
mft2012もふもふワークショッププレゼン

MFT2012全体で思ったのは、親子連れが増えたかな?というところ。個人的には入場料1000円は参加者が偏るかなと思いましたが見た感じ偏ってもませんでした。どうだったんでしょう。これまでのMakeTokyoMeetingやMakerFaireはジャンル分けできないような新しくてわけわからなくてわくわくするもので混沌とするのが魅力かとおもうんですが、来場者が偏って出展者が固定化するとつまらなくなってしまうと思うんですよね。自分も今回去年と同じものを出しているのは自分としては反省点だと思ってます。同じ作品、同じシリーズを続けてどんどん磨いていく、というのも作品を作る人としてやっていくのは正しいし他の方がやるのも大いに結構なことだとおもいますが、自分自身がそれをMakerFaireでやるべきだとは思ってなくて、来場者が「自分も何かつくって出展してみたい」と思えるような体験を提供できる展示やワークショップになるよう考え直したいです。もちろん、自分がつくったり出展することが楽しいことが一番ですが。

これからの出展・ワークショップ予定

  • 12/9(日) 電子工作フェスティバル(秋葉原3331体育館)にて、てれねこワークショップ http://elecontest.com/festival
  • 日時場所未定 メガネブローチワークショップ
  • 日時場所未定(来年?) てれとりワークショップ

広告