先日、埼玉は草加市にあるネジ工場、浅井製作所を見学してきました。
「小さいねじの小さいねじや」 有限会社浅井製作所

きっかけは6月に流れてきたあるツイート

ぜひいきたいです! RT @nejiasai: お気軽にどうぞ~^^ RT @aomokuba: もしよかったらネジ見学いきまっしょー(*‘ω‘ *) RT ネジ工場の見学ですと?!RT 事前に問い合わせていただき、私の都合がつけば日曜日もOKなんです^^ RT 日曜もや

posted at 18:56:29

ネジ工場の見学ですと!? RT @aomokuba: 日曜もやっておられるんですね!!次は日曜ならいつ開催されますか⁇ @nejiasai: 本日13時より2組のこうば見学をお受けしています。なもんで飛び入り歓迎(=^_^=) http://t.co/WG0Ix1V

posted at 17:59:56

機械屋のはしくれとしてはネジのつくりかたくらい知っておかねば!と思い、見学させていただくことになりました。

浅井製作所は東武伊勢崎線 谷塚駅から徒歩20分、この時期は暑かったです。

この工場は社長の浅井さん1人で回しているそうです。

ねじづくりの工程はわりと簡単で、

圧造機

「圧造機」が針金を適度な長さに切り、切った針金の一部をつぶしてネジ頭にします。

バレル研磨してバリなどをとります。

転造機

「転造機」でネジ山の型を押し当ててネジ山をつくります。

これでねじは完成です。

この圧造、転造というつくりかた、普段切削加工の図面ばかり描いている自分からは新鮮でした。

しかもこの機械、1つのモーターの動力からカムやクランクといった機構をガチャガチャ使っていろんなことしているのですよ。

圧造機

転造機

こういうからくりものはアツいなぁと思ってどこがどうなってるか観察して動画撮ってみました。

次回、圧造機のしくみをくわしくアップしたいとおもいます。

広告