節電引きこもり生活でストレスひまぽになってたので、もふもふSuica毛ースをつくってみたよ。
作り方載せるのでみんなもやってみよう。

○準備物

Suica、適当な紙

ボア、両面テープ

透明プラ板(ハサミで切れるもの)

マジックテープ

その他、縫い針、まち針、糸、はさみ、カッター、カッターマット

○手順

Suicaにあわせてだいたいの形を紙に書きます。Suicaの輪郭もうつします。

Suicaが見える窓の大きさを決めます。Suicaよりちいさくしてみました。てきとうです。

切り抜きます。これが型紙になります。

ボアにまち針でとめます。


切り抜きます。もうひとつは型紙を裏返して切り抜きます。片方に窓を開けます。

毛のほうをあわせて重ね、Suicaの口をのこすようにまち針でとめます。

まち針でとめたエリアをかがりぬいします。

マジックテープを輪郭にあわせて切ります。Suicaが入るようなサイズにします。

窓のない側に、やわらかいほうのマジックテープをまち針でとめ、ぬいます。

透明プラ板を生地にあわせてマークして、切り抜きます。裏返した生地に入るか確認します。

紐など通す穴をカッターであけます。

紐通しが貧弱だったので、おなじプラ板を両面テープで貼って補強します。

残ったほうのマジックテープを両面テープでプラ板に貼り付けます。

窓の四隅をマークします。

マークを目印に両面テープを貼ります。

プラ版を生地に差し込んだ状態で両面テープのはくり紙をはがし、生地を貼り付けます。

一旦完成!…だけど毛足長いですねぇ。

毛を刈ります。

完成です!ドヤッ

窓の大きさ、プラ板の補強などけっこういいかげんなので、適宜調整してみてください。
ほしいひと、またつくろうかな。いや、でも時間あるかな。

広告